住宅ローン 35年先はわからない

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

いわゆるマイホームの夢が、日本の社会において極めて大きく一般的に
語られるものでありますし、自分の持ち家を持つというのはサラリーマンの目標でもあります。

 

しかし、そのために25年、35年という気の遠くなるような長期ローンを組むというのは「ちょっと待て」と言わなければなりませんね。

 

なぜなら誰も25年先、35年先は、わからないからです。

 

何も、このような長期ローンを組んではいけませんと言ってるわけではありませんが、

 

長い人生の中では何が起こるかわからないのですから、このような長期ローンを組むにあたっては、何かで支払いができなくなったときにどうするか、事前に覚悟を決めておくことが必要不可欠です。

 

実は僕は40才の時にマンションを購入しましたが、15年間住んでから、

ボーナス払いが出来なくなり売却しました。

 

売却とっても持ち出しがありましたから、かなり損したわけです。

 

現在は、借家ですがボーナス払いがあるわけではなく、大分楽になりました。

 

僕がアドバイス出来ることは、一つです。

ボーナス払いを組まないこと、またボーナス払い併用しないと

支払えないような物件は購入しないことです。

 

無理なく支払える金額は、

 

現在の年間家賃 ≧ ローンの年間返済額+管理費+固定資産税額

 

だと僕は考えます。

 




法律相談 ブログランキングへ

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧



最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー




ランキング
メタ情報